酒粕の仕様について

2018-01-25

酒粕の仕様の違いについて書かせていただきます。
弊社では板粕、粉粕、吟醸粕の三種類の酒粕を販売しているのですが、
主に精米歩合に応じて商品区分を設けています。

■板粕
精米歩合60%&65%のお酒の板状になった酒粕で一枚一枚人の手で包丁で
四隅をカットして形を整えたもの

■粉粕
精米歩合60%&65%のお酒の酒粕で板状にならなかったもの、或いは板粕を
作るときカットされた回りの部分などが入ったものとなります。

■吟醸粕
精米歩合40%、50%、55%の吟醸・大吟醸酒の酒粕で板状にはならないため、
粉々の酒粕となります。

以上のように精米歩合で区分しており、普通酒、本醸酒、純米酒、大吟醸など
酒質に応じた細分化はおこなっていません。銘柄毎に分けての販売もおこなっ
ておりません。純米酒の中でも香り高いもの低いもの、吟醸酒においても香り
吟醸、味吟醸などそれぞれに特徴が異なりますので何卒ご理解賜りますよう
お願いいたします